車売る車見積もり賢売王

"多額の諸費用が必要となってきますが、新車で自動車を購入する場合におきましては、中古車を購入する場合でも実際のところは、所定の諸費用がいくつか必要になりますので覚えておきましょう。

 

中古車の購入をこれから考えている方の参考になればということで、中古車購入時に必要となってくる様々な諸費用についてここでは簡単にご説明させていただきます。

 

「自動車税」は毎年納税する必要が出てくるものです。排気量の大きさによって自動車税については金額が大きく変わってきます。

 

「自動車取得税」は自動車の購入時に納める必要が出てくるもので、さらに車検を購入をした時に通す場合に納める必要がある「自動車重量税」なども挙げることが出来ます。

 

ちなみにこの自動車重量税は車検が残っている中古車を購入する時には必要ありません。

 

そして公道で自動車を走らせるために強制的に加入をしなければいけないのが「自賠責保険料」です。車両本体価格やオプションパーツ、他にもその納車準備費用等に必要となってくるのが「消費税(8%)」です。

 

他にも、「登録費用」や「申請代行費用」など車庫証明やナンバープレートの申請時に必要なものもあります。

 

「納車費用」等が納車に必要となってくるガソリン代や運搬代として必要になります。

 

このように、これら様々な諸費用を込みで中古車に提示されている価格というのは提示しているケースと、車両本体価格のみで提示しているケースがありますので、必ず店員さんにどのような提示方法なのかを確認するようにしましょう。

 

"