車売る1番得する徹底検証

中古車を売却するときによく聞く言葉として、買取と下取りがあります。この二つを混同してしまっている人が多くいらっしゃいますので、それぞれの言葉の意味を理解して、いったいどちらの方が得なのかを簡単にご説明させていただきます。。

 

買取というのは、文字通り今利用しているクルマを買取っていただくこととなります。これはつまり、あなたが乗っている車を売ることで、現金化することです。
そして下取りについてですが、買取とは異なり今現在乗っているクルマを現金化するという意味ではありません。

 

自動車ディーラーで新しくクルマを購入する際に、今乗っているクルマをその新車購入の代金に充てるものとなります。このことから、購入代金から今乗っているクルマの価値を差し引いた金額が、新車購入の代金ということになります。

 

買取価格と下取り価格は違います。買取専門店で買取の場合は査定をしてもらって、その金額がでます。クルマの状態や、オークションでの相場にその時の査定額は、左右されます。
下取りの金額の場合はどうでしょうか。言ってみれば下取りはディーラーの買取です。ですから独自にディーラーが下取り価格表を持っていて、クルマの状態などをそれから考慮して考えられます。

 

この際、下取りが同一メーカーでなければできないということはあまりないようです。
どちらが買取と下取りは得か?と言うのことが、皆さんがここは悩むところですが、買取の方が一般的にはお得になっています。しかしながらクルマを購入してほしいということからディーラー によっては特別に高い金額で下取りをしていただけるということもあり、一概には判断することが出来ません。

 

まずは、買取専門店などで出した後に、デ買取金額をィーラーにクルマ購入時の下取りありと、下取りなしで金額を出してもらうという手順をすることが、一番の得策と言えるでしょう。