車売る1番得する徹底検証

業者や個人間でクルマを買取してもらうということは、それはつまり自分のものではなくなるということです。ですので必ず「名義変更」をする必要があります。それは、あなたのものだったクルマを、他の誰かの名義にするためです。それではここでは具体的な手続きについて簡単にご説明させていただきます。

 

一般的な方法ではディーラーや買取専門店への買取というパターンです。こういったケースでは、代行を名義変更の手続きはしていただける場合が多くありますので、名義変更は意識しなくて可能です。

 

ただ、有料か無料かは名義変更の手続きについては確認してください。もしも無料だったとき、かなりその料金がかかってしまう時などは自分でやるのも良いかもしれません。

 

何も、クルマの名義変更は代行業者でしかできないと言うことはありません。自分ですることだって出来ます。案外、買取の時の名義変更を代行したら、料金が高かったとき、クルマの売買を個人間でする時などには自分でしなければなりません。それでは、どうやって具体的にいくのか解説していきます。

 

軽自動車と普通自動車ではクルマの名義変更は手続きが違うので注意してください。ただ、共通して双方に言えることは、売る側と買う側が立ち会って行うということが理想的となります。しかし、立ち会いが無理ならば、責任を持って買う側が行うというのが一般的です。

 

まずは軽自動車の場合、車検証や申請依頼書、新しい所有者の住民票などといった必要書類を用意しなければいけません。そして、軽自動車審査協会にそれを持って行きます。申請書をそこで手に入れて、申請書を作成します。

 

またナンバーを変えない場合は軽自動車税、自動車取得税の申告をし、名義変更の手続きは完了となります。ナンバーをもし変える場合は、旧ナン バーをいったん返納して、購入を新しくしなければなりません。