車売る1番得する徹底検証

クルマ買取をする際に、もはや定番になっている言葉と言えば「もうすぐ車検だから」ということです。この言葉については、非常によく聞くかと思いますが、みんなが言っているからといって、なんとなく車検時期が買取に絶好のチャンスだと考えていませんか?

 

なんとなくという考え方では大きな損をしてしまうことになります。ですので、車検と買取の関係について簡単にご説明させていただきます。
車を売る時に、車検が残っているとどういうことになるのかご理解されていますか?車検を通したということで、その時点においてクルマにコストをかけたことになるのですが、果たしてその車検代の扱いはどうなるでしょうか。

 

その車検代というのは、実際には査定額に反映されています。つまり、車検がクルマに残っているということは査定をしてもらう時には有利に働くのです。
しかしながら、車検にかけたお金が戻ってくることは無いと言えます。

 

車検が半年近く残っているクルマをもしあなたが売却したとして、すぐに売却先のお店が次のオーナーを見つけたらいいのですが、車検は通っていても、そうでなければまったく乗らない状態で半年保存してしまうといったケースも十分に考えられます。

 

ですから、車検があれば買取専門店としても、それだけ売れやすくなりますから査定額にはプラスはしますが、お店側は補填するるような額を出してしまうと赤字になってしまうのです。
査定に車検が切れてしまっているクルマを出す時は、そのクルマには当然ですが乗ることができないので業者の方に来てもらうか、または牽引車を利用するということになります。

 

査定額が悪くなってしまうかと言われると、さほど車検が切れて間もないクルマならば影響はありません。しかし、車検を通していなく長く乗っていないようなクルマの場合には、トラブルがあるかもしれないということで低く査定額が見積もられてしまうことになりますのでご注意ください。