車売る1番得する徹底検証

買取査定を受ける時には、キズや凹み、またその他不具合が見つかることで、マイナスポイントになってしまいます。それらを修理して買取査定を依頼した場合でも、修繕にかかってしまった金額分だけ査定額をプラスになるようなことは滅多にありません。

 

ですので日頃から気を配って車を利用することが、そのまま高価買取に繋がることになります。どんなところに気をつけていれば良いのか、買取査定以前に簡単にご紹介します。また、大切にこれらに気をつけて乗っている車であれば、それを買取査定時にアピールするようにしましょう。

 

 

●法定点検整備は受けていますか?
破った際の罰則は法定12ヶ月・24ヶ月点検ではありません。しかし、決してこれは「点検整備しなくてもよい」ということではなく、ユーザーはそれだけ重い管理責任を負わなくてはならないのです。また、きちんと点検整備を受けて記録簿に経緯が残っている車は、評価が買取査定時にも高くなります。買取査定の面からも、日頃の安全 面からも、法定点検整備を受けておくことは非常に大切です。

 

●日常点検はしていますか?
法定点検だけに限ったことではなく、日常点検に関しても非常に大切です。高度な技術で製造されているとはいえ、車というのは機械です。積み重なれば小さな不具合でも負担が大きくなり、それがやがて 大きな不具合を引き起こしてしまう可能性があります。エンジンオイルは適度にかえるなど、小さな不具合でも点検整備を日常から心掛けましょう。

 

●その他
例えばペットやタバコなど、ニオイにも普段から気を配っていると買取査定に有利です。荷物やゴミなどを車内に放置しておいてしまうと、予想以上にニオイが発生したり、窓ガラスが結露してしまうとタバコのヤニを吸収し、これに関してもニオイのもとになりますのでご注意ください。