車査定おとくるまん

"古車買取におきましては、中古車査定を複数回行って、他社の買取額を提示しながら買取価格の交渉をしていくことがあります。他社の査定額を見せてしまえば、確かに、それより低い額は業者としては出しにくくなります。これは非常に効果的な方法のようにも思えます。

 

また、その一方で、自分から希望額を伝えるという作戦もあります。これにつきましても、かなり効果的な作戦のように感じます。もし仮に実際の中古車査定額と開きがあったとしても、業者というのはなるべく希望に沿いたいと考えてくれる傾向があるからです。

 

しかし、これらの作戦につきましては、自分から希望額を言ってしまったばかりに、それが相場よりもかなり安い金額であったケースがよくあるそうです。希望額が中古車査定額の相場より低ければ、それは業者としては非常に都合が良いことですので、その希望価格でで買い取りを行おうとしてきます。

 

このように、希望額を伝える方法というのは、しっかりと相場を把握していなければ、大きな失敗に繋がってしまうこともあるのです。ですので、基本的に希望額というのは、こちらから伝えない方が得策です。もし金額を言うのでしたら、せめて他社の査定額にした方が良いかもしれません。

 

ただし、すぐに他社の査定額を伝え、価格交渉を進めていけば良いと言えばそうでもありません。他社の査定額を提示してしまうことで、結果的に価格競争が起こってしまい、業者としても対応することが困難になってしまいます。

 

他社の査定額を出されてしまったら、最低でもそれを 1円でも高い金額を出さなければいけないのです。さらに他社の査定額を提示する人というのは、そこで出した査定額を持って別の業者に出向く可能性も非常に高いのです。

 

無理して査定額を上げてやったとしても、確実に売却してくれる可能性が無いのでしたら、業者の人も買い取る気持ちも薄れてしまいますのでご注意ください。
"