車見積もり一番得する徹底検証

自動車重量税という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、これは略して重量税となり、新車登録をする時、または車検を受ける時に払う必要のある税金となります。税額については自動車の重量によって決められています。

 

「自動車重量税」と「自動車税」というのは、まったく異なるものとなりますので、混同しないように注意をしてください。

 

「自動車重量税は自動車の車重により」「自動車税は自動車の排気量により」税額が変わってきます。そして、買取時の取り扱いに関しても異なってきますので、十分に注意をする必要があります。

 

既に支払った重量税がどれだけ残っていても、クルマを売却するときにはその額が還ってくるということはありません。既に支払った 残存税額を買取金額に自動車税でしたら、上乗せしてくれるというケースがありますが、上乗せされるというケースは重量税に関してはあまりありません。

 

いくら支払った金額が残っているからと言って重量税は、買取店でそれが考慮されるケースは少ないのです。ですから次の支払い、これはつまり車検まで待ってから買取っていただくということがベストということになります。

 

買取の時は考慮されない重量税なのですが、特定のケースによっては還付していただけることもあります。それは、車検がまだ残っているクルマを廃車にする際です。つまり、残存期間に応じた重量税が抹消登録をすることで還付されるのです。

 

ただ、そのクルマが買取の時は廃車されるわけではないので戻ってきません。また、盗難にあった時やクルマの名義変更をしてしまった時なども還付を受けることはできません。

 

重量税の期間が残っているクルマを売却するということは、それはつまり車検が残っている状態のクルマということになるのです。買取店もその辺りを考慮していますので、重量税が残っていることで、買取金額はそれなりに上がることになるでしょう。