車見積もり一番得する徹底検証

車の買取してもらう時に行うこととなるのが、いわゆる車の査定になります。そもそも車の査定というのは、車の買取だけに限ったことではなく、下取りをする時にも同じように査定を実施することになります。

 

ただし、新車ディーラーが行っている下取りの査定と買取店が行っている買取査定とでは若干方法に異なりがあり、車種によりましては、どちらの方法が有利となったり不利となるケースがあります。

 

新車ディーラーが行っている下取り査定というのは、価格の基準となるものを各メーカーが独自に作成をしているものが使われることになります。このことから、自社メーカーの車のほうが下取りをする時には有利になります。

 

また、グレードごとで基本価格については設定されているのですが、メーカーオプションやディーラーオプションというのは、あまり考慮されることがありませんので、カーナビなど高額なオプション品を装備していたとしても、下取りの価格には残念ながら反映されないようです。

 

ただ、標準装備されているオプション品を取り外してしまいますと、減点対象となりますので注意をしましょう。新車ディーラーの下取り査定におきましては、高額な査定となることは例え人気車であってもありません。

 

オークションでの相場価格を基本に、買取店が行う査定は、程度や事故歴、オプション品などを考慮にしてプラスマイナスの点数をつけていきます。高額なオプションや社外オプションであっても買取査定では、査定の範囲となり、プラス査定されることがカーナビなど人気商品であればあります。
また、車検対応品であればマフラーやホイールなどこれらもプラス査定されますので、ドレスアップを人気車やオプション品でしている車は、高額査定となることが多くあります。
それとは逆に不人気車の場合、買取り査定がマイナスとなってしまうケースがあるようです。