車買取おとくるまん

"もともと付帯されているパーツである純正品パーツを外し、車に興味を持っている人でしたら、社外品パーツに取り換えてオリジナル仕様にされるかと思います。それでは、査定に何か社外品パーツを装着している車に関しては、影響が出てくるのでしょうか?

 

まず知っておきたい基本的な知識としまして、「社外品パーツも買取の場合には査定対象となる」ということを覚えておきましょう。純正品パーツで無かったとしても、これはつまり「プラス査定」の対象としてよほど趣味の悪いパーツで無い限りは見てくれます。

 

ただし、プラス査定に全ての社外品パーツがなるワケではありません。「査定の対象になる」というあくまでもだけですので、「マイナス査定」になってしまう可能性も場合によりましては考えられるのです。

 

このことから、まず最初に買取業者に査定をしてもらう場合には、社外品パーツが「プラス」になるのか、または「マイナス査定」になるのか、そのどちらになるかを確認しておくことが大切です。

 

またその時には、純正品パーツも一緒に持参した方が良いでしょう。「社外品パーツでプラス査定」、さらに「しっかりと純正品も残してある」のダブル効果によって評価がプラスになる可能性が考えられます。

 

その一方で、マイナス査定に社外品パーツによってなってしまうような場合には、純正品パーツにさっさと戻す必要があります。マイナスをこれによってゼロにすることが出来るのです。
"