【1ユーロベット】ワールドカップ2014 グループ最下位候補の逆襲【結果確定】

2014.6.27|サッカー ブックメーカー ベット365(bet365) ワールドカップ 1ユーロベット始めました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

20140610_bottom_000

bet365のワールドカップ関連オッズで、望まれるグループ1位通過オッズ(Win Group)、グループ突破オッズ(Qualify)の隣にある、望まれないグループ最下位オッズ(Bottom of Group)

オッズを見れば一目瞭然で、グループで最も弱いと思われるチームに1番人気の最も低いオッズが付くわけです。

そんな、グループ最下位チームをピンポイントに予想して賭けるのも良いのですが、私は個人的に、こういう評価が低いチームが奮起して逆襲するという構図が大好きです。

でも、現実的に評価が低いチームが1位通過したり、2位以内に入ることは、やや難しくそこに勝負して賭けるというのも、なんとなく踏み切りにくかったりします。

では、どうするのが良いかと考えてみると、最下位にならないことに賭ければよいではないかと言うことになります。要するに、他の3チームが最下位になるように賭ければ良いのです。

ということで、今回の1ユーロベットは、各グループのBottom of Groupで最もオッズが低い最下位最有力と考えられているチーム以外の3チームの最下位に1ユーロずつ賭けていきます。3チームずつ、8グループなので、合計すると結構大きめの24ユーロの挑戦になります。

最下位有力候補が意地を見せて最下位にならないことが条件で、確実に各グループで的中がでる構図にはなっているので、割と24ユーロの元は取れる可能性は高いのかもしれないと楽観視していたりもします。

では、各グループで実際にどこに賭けたのかをキャプチャで貼っていきますね。

 

20140610_bottom_001 20140610_bottom_002

⇒逆襲失敗、カメルーン最下位。

20140610_bottom_003 20140610_bottom_004

⇒逆襲失敗、オーストラリア最下位。

20140610_bottom_005 20140610_bottom_006

⇒ギリシャが逆襲成功・・・も、日本最下位で微妙ですが、3.40ユーロ勝ちです。

20140610_bottom_007 20140610_bottom_008

⇒コスタリカ逆襲大成功。イングランド最下位で9ユーロ勝ち。

20140610_bottom_009 20140610_bottom_010

⇒逆襲失敗。ホンジュラス最下位。

20140610_bottom_011 20140610_bottom_012

⇒逆襲失敗、イラン最下位

20140610_bottom_013 20140610_bottom_014

⇒アメリカが逆襲成功。ガーナが最下位で2.2ユーロ勝ち。

20140610_bottom_015 20140610_bottom_016

⇒アルジェリアが逆襲成功。韓国最下位で3.25ユーロの勝ち。

 

さあ、どうなるでしょうか~!

⇒第3戦を残しての途中経過:グループBでは、オーストラリアが最下位になる可能性も高いですが、同時にスペインが最下位になる可能性も残り、その場合には、41.00倍で的中になります。⇒スペインが最終戦勝利で結果的にオーストラリアが下馬評通りの最下位に・・・。

グループDでコスタリカが1位通過したことで、最もオッズが低かったイングランドが最下位になった場合でも9倍で的中以上になります。⇒イングランド最下位で9倍的中

グループGでは、最終戦がポルトガルvsガーナとなり、ガーナの引き分け以上でポルトガルが最下位となるため、その場合には。7.50倍でて的中となります。⇒的中にはなりましたが、ガーナが最下位になったため、2.2ユーロどまり。

グループHでは、アルジェリアが最下位脱出どころか、2位でグループステージ突破を決めました。最下位が韓国となり、3.25ユーロ的中。

更に、グループCで日本代表が最下位となったため、3.40ユーロ勝ち。最下位有力候補だったギリシャは、奇跡のグループステージ突破w

 

その他のグループでは、最下位オッズが最も低かったチームが最下位になる可能性が高いか、競ったオッズ(こちらも低めのオッズ)のチームが最下位になる可能性がかなり高くなっています。

 

 

18ユーロ使って、17.80ユーロ勝ちといことで、ほぼ元を取り戻しただけの微妙な結果になりましたが、楽しめる賭けでした。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。