【1ユーロベット/ウィリアムヒル】ハンデ付きの優勝オッズでシーズンを楽しくしよう!

2015.8.6|ウィリアムヒル(William Hill) サッカー ブックメーカー プレミアリーグ 1ユーロベット始めました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

20150806wil_premierleague000

さあ、イングランドプレミアリーグ2015-2016シーズンの開幕が迫ってきました。

以下は、ウィリアムヒル発表のプレミアリーグ関連オッズです。

 

20150806wil_premierleague001

プレミアリーグに詳しい方なら、いずれも興味深い賭けになっています。地域的なライバル関係のクラブをピックアップした、その地域で最上位になるクラブを予想する賭けは、かなり面白いです。一番わかりやすいのはTop London Club(ロンドンのクラブで最上位になるクラブは?)ですね。

でも、今回紹介するのは、それではなく、プレミアリーグの優勝オッズ・・・の中でも、やや特殊なタイプの優勝オッズになる、Outright Handicapです。

説明するよりも実際の賭けを見てもらった方がわかりやすいと思いますので、以下をご覧ください。

20150806wil_premierleague002

チーム名の横に+○○となっていて、その右のオッズが、比較的全チーム同じようなオッズになっていますよね。ピンときた方も多いと思いますが、要するに、実力差で優勝候補がほぼ6チームほどに絞られてしまうプレミアリーグの実力差をより均等なものにして楽しんでもらおうというのが、この賭けのタイプになります。

今シーズンで言えば、優勝候補NO.1と言われるチェルシーを基準にして、他チームにハンデがつけられています。これは、もちろん、優勝候補以外のチームに賭けて楽しむことを念頭に用意されている賭けになりますが、実は、優勝候補筆頭のチームがより、他チームと差をつけて優勝するという結果になった場合に、大きめのオッズで配当が得られるということも言えます。

ハンデなしの優勝オッズでは、ハンデ+7になっているマンチェスター・ユナイテッドまでが、1ケタ台の優勝オッズになっていますので、そのいずれかのチームの優勝に賭けるという方は、こちらも賭けておくと良いかと思います。

ただ、気を付けなければならないのは、最下位人気となっているワトフォードには、スタートから既に+48の勝ち点が与えられている状況になるため、チェルシーに賭けた場合には、ワトフォードと16勝分以上の差をつけないと、賭けは外れるわけです。下から12チームまでが10勝分以上の勝ち点を与えられているので、下半分のチームが予想以上の快進撃をシーズンのどこかで見せただけでも、上位人気の的中は絶望的になる可能性もあります。

前置きが長くなりましたが、今回は1ユーロベットで当サイトでは、以下4チームに賭けることにしました。

20150806wil_premierleague003

+27のハンデが与えらえている、吉田麻也所属のサウサンプトン

+44のハンデが与えられている、岡崎慎司が新加入のレスター・シティ

そして、ウィリアムヒルとは全く関係ないのですが、日本語ブックメーカーM88が公式スポンサーになったことを勝手に記念して、+39のクリスタル・パレスと+45のAFCボーンマスの2チームを加えて、合計4チームに1ユーロずつ賭けました。

 

20150806wil_premierleague004 20150806wil_premierleague005

上記のような感じですね。

このタイプの優勝予想は、かなり楽しめますので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

*****

 

ウィリアムヒルの参加方法

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。