ブックメーカーを始める前に抑えておきたいネッテラーへの入金方法

2014.3.6|ネッテラー(NETeller) 決済手段

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

neteller_logo

ブックメーカーの紹介を飛ばして、決済手段として必須(たぶん)の、ネッテラーを紹介するのですが、最初の段階の登録などを飛ばして、入金方法を紹介します。ネッテラーは、日本語があるから登録は大丈夫だと思います。でも、ネッテラーに資金を入れる作業と言うのが、最初は、ちょっとドキドキするんですね。ということで、ブックメーカーでスムーズに遊ぶための第一歩、ネッテラーにネットバンク経由で入金する流れを紹介します。

ネッテラーにログインして、入金をクリックします。

20140227001n

入金手段は、色々あります。クレジットカードで入金できれば、どれだけ楽なことか・・・。基本的に、日本のクレジットカードでは、入金できません。ブックメーカーにもクレジットカードは決済手段でありますが、同様です。

だから、基本的にどのブックメーカーでも入金出金手段として採用されている決済手段であるネッテラーがお勧めなわけです。マネーブッカーズ(Moneybookers/Skrill)という似た決済手段もあります。こちらも同じように使えますが、決定的な差があります。

それは、ネッテラーは日本語、マネーブッカーズは英語。なので、日本人ならネッテラーが楽なのは当然です。

話が逸れました。クレジットカードが使えないのであれば、どうするか、銀行振り込みで入金すれば良いのです。

20140227002n

ネッテラーには、銀行振り込みでの入金方法が2種類あります。入金手段の下段の左のQuick Bank Trasferとその隣の国内振込み(Bank Transfer)ですね。

手数料が1%かかるけど、手続きが早いのがQuick Bank Transfer

 

20140227003n

ネッテラー登録時に通貨単位を選択していると思いますが、その通貨単位での入金額を入力して進めていきます。

20140227004n

日本円に換算されて取引額として入金額が表示されます。

20140227005n

入金額と照会番号が表示されます。

20140227006n

ゆうちょ銀行とみずほ銀行の2つの口座から振込先を指定できます。手数料的な部分で影響が出てきますので、銀行口座は振込先と振込み元は合わせた方が良いです。表記にあるように、ゆうちょ銀行の方が、週末や祝日でも1時間以内に、振り込まれる可能性があるようですので、本当に急ぎの方はゆうちょ銀行の方で振り込んだ方が良いようです。

私は、、、利用する主要のネットバンキングはみずほ銀行なので、そこまで急ぎでもなく、手数料が安い方が良いので、みずほ銀行からみずほ銀行へ振込みます。

20140227007n

 

20140227008n

ネッテラーに銀行振り込みで入金する場合は、早めに処理されるためには、照会番号の入力が重要になります。みずほ銀行の場合は。「お客さまの名義を変更してお振込先にご連絡する場合はご入力ください。(任意)」の項目で、変更するをチェックして入力する必要があります。数字は全角で入力する必要がありますので、ネッテラーサイト上のコピーを押して貼り付けるとエラーになってしまいます、不便w

続いて、新しいお振込先(登録振込先以外)を選択して、次へ進み、

20140227009n

みずほ銀行を選んで、

20140227010n

あとは、先ほどネッテラーから指定された口座を選んで指定の金額を振り込んで、後は待つだけです!

続いて、国内振込み(Bank Transfer)です。まあ、Quick Bank Transferも国内振込みなので、違いが少し微妙ですが、こちらは手数料がかからず、振込先の銀行は楽天銀行になります。少し時間がかかるかもしれませんよ、という銀行振り込みが国内振込みとお考えください。

20140227011n

こちらは、日本円の口座で作業してみます。10000円を入金します。手数料は、無料とありますね。

20140227012n

続行し、確認できたら、確認する、へと進みます。

20140227013n

楽天銀行の振込先口座と、金額、照会番号などが表示されます。

では、実際に楽天銀行経由で振り込みます。

20140227014n

「振込みを行う」から

20140227015n

振込先の指定は、楽天銀行。

20140227016n

依頼人名に、照会番号を入れます。こちらも全角数字で入力する必要があります。

20140227017n

確認画面で、入力内容に誤りがないことを確認して、振り込んでください。振込先の口座は、変わることがあるので、振込先の登録はしなくても良いとは思います。

20140227018n

振込みが完了しました。

 

20140227019n

Quick Bank Transferでの入金が確定する前は、履歴で上記のように保留中と表示されます。

20140227020n

国内振込も同様に保留中とでています。

 

20140227021n

27日夜の振り込み作業で、実際に入金されたのは、翌日の昼くらいですね。15時前に振り込み作業を行っていれば、当日中には入ると思われます。

国内振込みの方も、翌日には入金されていました。

ということで、いずれの方法を選んでも、ネッテラーへの入金はスムーズに行われました。

入金で入った残高を、各ブックメーカーに移して、利用して遊ぶという流れになります。もちろん、勝ったらブックメーカーからネッテラーに戻して、NET+カードを利用して、ゆうちょ銀行(郵便局のATM)や、セブン銀行のATM経由で現金で引き出すことができます。

引き出す作業には、NET+カードが必要ですが、まずブックメーカーで遊ぶという部分では、銀行振り込みでの入金方法までできればOKなんです!

ブックメーカーの前に、ネッテラーの準備を覚えてしまいましょう!

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。