【bet365In-Play負け額救済プロモ】CL準決勝第1戦は、2試合とも対象になってます!

2015.5.7|In-Play負け額救済プロモ ブックメーカー ベット365(bet365)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

20150504bet365_in_play_000

プロモーションの条件や大まかな内容に関しては、「【bet365】今週末のマンチェスター・ユナイテッドvsリヴァプールの試合で50ドル相当までの救済プロモが登場!!」を参照ください。

************************

ユヴェントスvsレアル・マドリッド

バルセロナvsバイエルン・ミュンヘン

いずれが優勝しても、波乱とは言えない。とにかく、今シーズンのヨーロッパNO.1のクラブチームの戦いにふさわしい4チームが準決勝に勝ち進んでいます。そんな注目のUEFAチャンピオンズリーグの準決勝の第1戦の2試合ともに、bet365のIn-Play負け額救済プロモの対象となりました。珍しいケースだと思います。

 

20150504bet365_in_play_001

Barcelna v Bayern In-Play Bet Offerが前面に出ているページを開いた時には、もう一方で、Juventus v Real In-Play Bet Offerが隣に表示されています。

 

まず、勝敗オッズなどは、サカあるオッズ掲載のUEFAチャンピオンズリーグの準決勝のページを参照ください。

20150504bet365_in_play_002

負傷者や、ここ最近の成績などで、バイエルン・ミュンヘンが、やや評価が下がってきているのが気になりますが、すでにブンデスリーガ優勝を決めているバイエルン・ミュンヘン、更には、セリエAの優勝を決めているユヴェントス。そして、勝ち点2差でしのぎを削りリーガ事態では、頭一つ抜け出して優勝争いを繰り広げているバルセロナとレアル・マドリッドの2チームですね。

ということで、今回は、2試合同時に、進めていきたいと思います。

このプロモーションでの試合も、紹介数が増えてきたので、少しずつ浸透してきたと思われますが、まずは、Pre-Match Betでキャッシュアウト条件を満たすべく、ほぼ負けないくらいの確率の高いところに最大額の25ユーロを賭けたいと思います。

これで外れたら仕方ないという、賭けの種類を探していくと、結果的に、得点系のところに行きつきます。さらに、これだけの強豪チーム同士の対決では、驚くほどの打ち合いになることも考えにくいので、今回は、対象になっている一番大きな合計得点のUnderのほうに賭けます。

20150504bet365_in_play_005

5/5(日本時間の5/6の早朝)のユヴェントスvレアル・マドリッドでは、Under 5.5の1.015倍に25ユーロ。

20150504bet365_in_play_004

5/6(日本時間の5/7の早朝)のバルセロナvsバイエルン・ミュンヘンでは、Under6.5の1.01倍に25ユーロ。

それぞれ賭けることにしました。

20150504bet365_in_play_006

上記だけでは、わかりにくいですね。historyからチェックしますと、

20150504bet365_in_play_007 20150504bet365_in_play_008

こんな感じですね。

ということで、毎度のことながら、このプロモーションは、試合開始前の段階でのPre-Matchで賭けた後は、もう一つの条件は、試合がスタートしてIn-Play Betに賭けることなので、この先は、試合が始まってからの追記になります。

しかしながら、毎度のこと、日本時間の早朝3:45キックオフの試合なので、1つ目の条件を満たして、その後、試合中に賭けるのは、結構、眠気との戦いになるわけでして、、、

一応、言い訳をあらかじめしておきますと、試合の時間に起きていられたら、また、少し確率が低い大きめのオッズを探して、ドーンと挑戦したいと思います!

⇒bet365の参加方法は、こちらを参照ください。

 

(2015年5月7日追記)

すみません、結局、5日深夜のユヴェントスvsレアル・マドリッドは、出先で忘れていて、6日深夜のバルセロナvsバイエルン・ミュンヘンは、出先から帰宅して疲れて眠ってしまって、起きられず、いずれの試合も、Pre Match Betの部分は、的中させて、損は出ない状態で、Live In Playでドーンと挑戦できる状態にはなったのですが、ただ単に、合計50ユーロ賭けて、0.62ユーロ利益がでるという、面白味のない結果紹介記事になってしまいましたw

次は、頑張ります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。