ソフトウェア 無料ノウハウ 有料ノウハウ

1.グランバーレー法とは

パーレー法の変形投資パターンです。パーレー法と違うところは、勝った場合に賭け金を2倍にしていくかわりに、2倍+1するところです。1、3、7、15、31と賭けていきます。こうすることによって、いくらリスクをとって連勝しても負けてしまえば結局1セットでマイナス1になることを避け、連勝した後に負けても利益が残るような仕組みになっています。

2.投資表

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
連敗する確率 50% 25% 13% 6% 3% 2% 1% 0% 0% 0%
掛け金 1 3 7 15 31 63 127 255 511 1023
累計投資金額 1 4 11 26 57 120 247 502 1013 2036
利益(勝利時:2倍設定) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

3.グランバーレー法の弱点

グランパーレー法の弱点は、逆マーチンゲール法と同様勝ち続けた時に、MAXベットがあるため、自分の思った金額を賭け続けられないことにあります。

例えば、最低ベットが1で、MAXベット(最大ベット)が500のオンラインカジノの場合、1.3.7.15.31.63.127.255までは賭けられますがその次は500、その次も500しか翔られません。しかし、それは設定の問題ですので、9連勝目からは500に統一するという手もあります。もしくは8連勝で止めてしまうなどです。
また、連勝しないと1セットで必ず負けることになりますので、こちらも逆マーチンゲール法と同様損失が少しずつつみあがっていくことになります。逆マーチンゲール法の場合は1セットで損失が1になりますが、グランパーレー法の場合は、2連勝した後に負けるとトータルで2、3連勝した後に負けるとトータルで3と損失がパーレー法に比べて積みあがっていきますのでその点も要注意です。

4.グランパーレー法を駆使した戦略

グランパーレー法は、逆マーチンゲール法と同様どこでやめるかがポイントです。逆マーチンゲール法よりもさらに利益を取りに行ってますので、その判断で大勝ちもありますし、大負けもあるでしょう。