ソフトウェア 無料ノウハウ 有料ノウハウ

1.マーチンゲール法とは

マーチンゲール戦法は、負けたら賭け金を2倍にしていく戦法です。
例えば6回連続で負けて7回目で勝った場合は、1回目から賭け金は1・2・
4・8・16・32・64となり合計賭け金は1+2+4+8+16+32+64で127になります。

7回目で勝って128を手にするので、結局1だけ儲けることになります。ですのでお金が無尽蔵にあれば、 理論的には最終的には絶対に損をしません。

2.投資表

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
連敗する確率 50% 25% 13% 6% 3% 2% 1% 0% 0% 0%
掛け金 1 2 4 8 16 32 64 128 256 512
累計投資金額 1 3 7 15 31 63 127 255 511 1023
利益(勝利時:2倍設定) 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

3.マーチンゲール法の弱点

マーチンゲール法の弱点は、負けると掛け金があっという間に膨らんでしまうことです。オンラインカジノでは、 MAXベット(最大ベット)が設定されておりますので、最大ベットまでしかかけられないことを考えるとリスクは非常に高いです。

例えば、最低ベットが1で、MAXベット(最大ベット)が500のオンラインカジノの場合、

1.2.4.8.16.32.64.128.256までは賭けられますが
ここで9連敗して、その次にすべての掛け金を取り戻そうとして512を賭けよう
とした瞬間に最大ベットが500のため、ここで勝ったとしても
合計掛け金は1+2+4+8+16+32+64+128+256+500=1011
勝ち金が1000のため勝ってもマイナスになってしまいます。

そうすると10連敗があると、資金がパンクしてしまうことになります。10連敗は経験上結構ありますので 実際にこの戦法で勝つのは結構大変です。

4.マーチンゲール法を駆使した戦略

では、マーチンゲール法は全く攻略法としては意味がないのか?といわれると決してそうでもありません。 マーチンゲールは追い上げを長く続けないで回数を決めてやるのであれば、場合によっては効果を発揮する ことはあるでしょう。たとえば3連敗した後に4回追い上げるやり方などですね。経験上、10連敗するような場合は、 大体その後もずっと負け続けるケースが多いです。10連敗でやめても20連敗でやめてもまけるのであれば、 被害が少ないうちに止めてしまう方が賢いですね。総じてマーチンゲール系に関しては、パンクを恐れて絶対に ○○連敗しないからどんどん追い上げるといった戦略をとるよりも、何回かに一回はパンクするのでそれでも利益を 出す方法を考える戦略をとったほうが勝率は上がると思います。

また ランダムな出目が設定されていると公表されているとは言え、オンラインカジノそのものが コンピュータで制御されている可能性もないとはいえません。経験上金額を上げたとたん負け続けるケースもありますので、 そういったことを含めて考えると、MAXベットにすぐにいってしまうような戦略は個人的にはどうなのかなと思います。

5.ルーレットウィナーの設定

ルーレットウィナー(ルーレット攻略ソフトウェア)で設定して試したい方は、


R SUPPORTの方で詳しい基本的な設定方法は書いてありますので、ここではマーチンゲール法の投資設定の例を示したいと思います。


1.まずシステム設定で基本的な設定をします。(R SUPPORT参照)

最低額のチップ、終了回転数、目標単位利益、目標単位損失は非常に重要ですので、この設定をご自身で慎重に考えてください。


終了回転数:ベットする回数
目標単位利益:勝ち逃げ設定(いくら勝ったらやめるのか)
目標単位損失:損切り設定(いくら負けたらやめるのか)

となります。


終了条件の項目では、勝ち逃げ設定を更に詳細設定できます。これはいままで蓄えてきた利益をキープしておきたいときに使います。例えば、この画面において、

終了条件:目標単位利益に2回達したら終了
目標単位利益:100ドル
目標単位損失:100ドル

とすると、1回利益が100ドルを超えた段階でいったん終了して、再度同じ条件で進めますので、1回100ドル儲けてその次に100ドル損失がでて損切りしますと、100-100でプラスマイナスゼロになります。

しかし、
終了条件:目標単位利益に1回に達したら終了
目標単位利益:200ドル
目標単位損失:200ドル

とすると、儲けが190ドル迄いって、その後に390ドル負けた場合は、マイナス200ドルになりますが、同じような流れで、

目標単位利益:100ドル
目標単位損失:100ドル

ですと、
一回100ドルで勝ちを確定していますので、その後に390ドル負けても、損切りを100ドルに設定していますので、利益は100-100=0となります。

なるべく目標単位利益を低くして、数回勝った時点で終える設定にした方がリスクを回避できます。




さて、その後に、
設定のベット設定という項目を選択します。


すると上記の画面が出てきますので、投資法設定というボタンを押して、OKボタンを押してください。

すると、 下記のような画面が出てきます。
無料版では現在は、Otherのタブしか使えませんので、Otherのタブを選択して、自分のやりたい2分の1の選択肢をクリックします。

なお、左が、赤黒ベット、真ん中が1〜18、19〜36の選択ベット、右が、奇数・偶数ベットです。

※注意

赤黒ベットなど2社択一で両方選択して、どちらかが連敗したときに追い上げをすることはできません。あくまで1つの目(この画面で言うと赤黒の赤のみ)しか設定できませんのでその点気をつけてください。

今回は、「赤が2連敗したら、マーチンゲール投資法で最低金額1ドルから買っていき、負けたら掛金を倍にし、5連敗したときに最初の1ドルの掛金に戻す設定」の場合を設定例にしましょう。

その場合は、まず、下の投資法のタブでまーちんげー選択り、下の
連敗数が□×□点になったらベットを開始する

という欄で、
左に連敗数、右に1を入れます。

一番最初に賭ける金額は、
下のベット開始金額の右横で調整します。

この場合は1ドルですので1と入れます。
そして、マーチンゲールの場合は負けた時の掛け金を2倍、3倍、4倍と設定できます。

そして、下の欄の空欄に
負けたら掛金を2倍にする。 5連敗した場合、最初の資金に戻す。

と記載しましょう。


これで、下の追加ボタンを押すと、画面のように下に内容が記載されます。お金がかかっている場合は特に、この記載をきちんと確認しましょう。自動ベットですので、間違えは致命的です。

こ の場合は、
ベットする目:Red
開始ベット金額:1.0(=1ドル)
開始条件:連敗数が2×1点
投資法:マーチンゲール
設定値:2.5(負けたら掛金を2倍、5連敗した場合、最初の資金に戻す
と入っていますので、OKですね。

確認後、右側のOKボタンを押します。これで設定完了です。


あとは、実行ボタンを押せば、自動でベットを開始します。

ルーレットウィナーの、マーチンゲール投資法の基本的機能(2分の1ベットのみ)は 現在無料で提供していますので、そちらで試すことができます。

もっと高度なマーチンゲール投資法の設定は、有料版でどうぞ。