ソフトウェア 無料ノウハウ 有料ノウハウ

1.10パーセント法とは

10パーセント法は、掛け金を常に持ち金の10%とする方法です。勝つときの勝ち金が大きくなり、負け続けても資金の減少が緩やかになるマネーマネージメントシステムです。

2.投資表

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
勝敗 × × × × ×
持ち金 100 110 121 134 148 163 156 140 126 113
掛金 10 11 13 14 15 17 16 14 13 12
単位利益(配当2倍) 10 11 13 14 15 -17 -16 -14 -13 101

 

表を見やすくするために、最初の持ち金を100として、10パーセントは小数点以下は切り上げで計算しています。表から分かるように、先に勝ってから後に負けるような流れですと、負けたときの資金の減少が緩やかなため本来はイーブンのはずですがプラスになっています。

3.10パーセント法の弱点

10パーセント法の弱点は、先に負けが込んだ場合どうしてもジリ貧になってしまうことです。例えば持ちがねが100ドルあって、150に増えた後に負けの波が来てもそれほど儲けは減りませんが、

例えば、最低ベットが1で、MAXベット(最大ベット)が500のオンラインカジノの場合、

1.2.4.8.16.32.64.128.256までは賭けられますが
ここで9連敗して、その次にすべての掛け金を取り戻そうとして512を賭けよう
とした瞬間に最大ベットが500のため、ここで勝ったとしても
合計掛け金は1+2+4+8+16+32+64+128+256+500=1011
勝ち金が1000のため勝ってもマイナスになってしまいます。

そうすると10連敗があると、資金がパンクしてしまうことになります。10連敗は経験上結構ありますので 実際にこの戦法で勝つのは結構大変です。

4.10パーセント法を駆使した戦略

では、マーチンゲール法は全く攻略法としては意味がないのか?といわれると決してそうでもありません。 マーチンゲールは追い上げを長く続けないで回数を決めてやるのであれば、場合によっては効果を発揮する ことはあるでしょう。たとえば3連敗した後に4回追い上げるやり方などですね。経験上、10連敗するような場合は、 大体その後もずっと負け続けるケースが多いです。10連敗でやめても20連敗でやめてもまけるのであれば、 被害が少ないうちに止めてしまう方が賢いですね。総じてマーチンゲール系に関しては、パンクを恐れて絶対に ○○連敗しないからどんどん追い上げるといった戦略をとるよりも、何回かに一回はパンクするのでそれでも利益を 出す方法を考える戦略をとったほうが勝率は上がると思います。

また ランダムな出目が設定されていると公表されているとは言え、オンラインカジノそのものが コンピュータで制御されている可能性もないとはいえません。経験上金額を上げたとたん負け続けるケースもありますので、 そういったことを含めて考えると、MAXベットにすぐにいってしまうような戦略は個人的にはどうなのかなと思います。