ブックメーカー攻略:スポーツベットファン
 

クレジットカードでの入金方法

クレジットカードでの入金が上手くいかない(利用できないクレジットカード)の場合にはClick2pay以外にも手段があります⇒NETellerを利用する。

*各ブックメーカーで直接使えなかったクレジットカードでもNETellerやClick2payでは使用できるケースもあるのでお試しください。 ⇒JCBカードを利用の方は下記で紹介しているClick2payでの使用ができることは既に確認済みです。

↑JCBが使えなくなったとのことです。再開の可能性はあるものの時期などは未定とのことです・・・・残念ですね。

使えるカード、使えないカードは日々変わっています。 現在使えるカードの情報を教えていていただけると非常に助かります。
⇒情報はsportsbet@digital-paradise.netまでお願いします。

 


http://www.click2pay.com/
よりサイトに入り、まず言語を選択します。

上記の"Choose your langage"から「JAPAN / 日本語」を選択します。"Remember my choice for the next time"にチェックを入れておくと今後は自動的に選択した言語のページで表示されます。


登録の手順

*選択項目などは日本語になりますが、基本的に英語ベースのサイトへの登録なので後々のために直接入力する項目はローマ字表記で行ったほうが無難です。

「今すぐご登録」をクリックします。何気に3箇所もあります。

電子メールアドレス、パスワードを2回、パスワードを忘れた場合のための秘密の質問の欄を埋めてください。

挨拶というのは性別のことのようです・・。

*←の項目は必須項目です。

住所等の入力がやや分かりにくいかと思いますので解説します。

例)●●県▲▲市■■123という住所の場合

「通り」:■■ // 「都市名」:▲▲ // 「州」:●● // 「番地」:123

「郵便番号」:ハイフンを入れて入力します。例)123-4567
*私が登録した時は6文字しか入りませんでしたので、以前の郵便番号のように6文字まででも特に問題ないようです。

確認電話を持って初めて利用可能になるため、電話番号を入れる必要があります。

市外局番の0を除いて入力します。
例)03-1234-5678の場合には左の枠に3、右の枠に1234-5678と入力します。最初の0をとるのは携帯電話も同じです。

「次に電話してください」の項目でどちらにかけて欲しいかを選択します。

 

通貨を選択します。日本円はないのでUSD(アメリカドル)辺りを選んでおくと良いと思います。

「はい、サービス契約の条件に同意します。」を選びます。

ここまで入力したら「続ける」をクリック

 

確認画面が表示されますので誤りがないかを確認後、同じく「続ける」をクリック

 

支払い方法の登録画面が表示されます。

日本からの場合にはクレジットカードのみになります。

カードの種類:カードの種類を選択します(JCBも使えるのがメリットと言えます)。
カード番号:ハイフンなしで連続して入力します。
カードの所有者:カードの表面記載どおりのローマ字での名前を入力します。
有効期限:カード表面の有効期限を選択します。
CVV:横の?をクリックすればどの部分か説明が表示されます(通常のクレジットカードであれば裏面の番号の右の3桁に該当します。)

「今すぐ登録」をクリックします。

このタイミングで上記にあるように数分以内に電話がかかってきますのでオペレーターの質問に答えて確認が行われたうえで初めて利用可能になります。

私の場合には携帯番号を入れた際に一度、「無効な携帯電話番号」というメールが来て折り返し電話するように記載されていました。

その後に担当の方から別のメールが入っており、再度番号を入れて返信したところ折り返し電話が来ました。

折り返しは日本語が話せるオペレーターから来ますが、たどたどしい日本語の可能性が高いです。聞かれる内容は以下の3つですので準備しておきましょう。

 1.PANの最後の4桁   2.メールアドレス   3.秘密の質問の答え

これ以外にも住所、電話番号など登録時に入力した内容が聞かれる可能性もありますのであらかじめ準備しておくと良いです。

上記質問が終わるとStarRatingという格付けの話になり通常は2つ星がもらえます。

一週間に引き出し可能な金額は1つ星で50ドル、2つ星で500ドルとなります。

 

この電話が完了すれば登録は完了です。

 

このタイミングで以下のメールが登録アドレス宛に届きます。

口座を有効化するために記載されたリンクをクリックすることで口座は有効化されます。

表示としてはブラウザが開き「口座が有効化されました」とでるだけなのであまりピンと来ないかもしれませんが・・。

この作業を行う前にログインをした際にはログイン後に"Activation code"の入力画面がでますので上記のメールの有効化コードを入れます。

ログイン画面は以下のようになります。

 

 

入金

NETellerのようにあらかじめクレジットカードや電信送金で入金しておくという仕組みではなく、角ブックメイカーでClick2Payを入金手段として選択すると、メールアドレスとPANを入れる画面になり、そこに入金する金額を入れて、確認した後でAcceptを押すと登録したクレジットカードから自動的にClick2Payを経由されてブックメイカーへ入金されます。

直接利用できないクレジットカードを自動的に利用できるようにしてくれる経由地のようなイメージです。

*確認電話の際にあったStarRatingでの限度額に注意しましょう。

電信送金であらかじめClick2Payアカウントに入金しておくことも出来ます。

↓「預け入れ」をクリック

↓「ください。」をクリック*なぜか「ください。」にリンクがついますが、ここは流しておきましょう。。

画面の半分くらいにPDFで印刷用の画面が表示されます。

このページを印刷して必要事項を記入して銀行で手続きをする流れになります。
*詳細はPDFの画面内に記載されています。

 

 

出金(払い戻し)

これもNETellerと同様になりますが、出金するためには入金もClick2Payから行っている必要うがあります。

各ブックメイカーの払い戻しでClick2Payを選択して登録したメールアドレスを入力します。これだけで長くても3日以内くらいでClick2Payアカウントに反映されます。

 

Click2Payに反映された残高を手元に払い戻すためには小切手とデビッドカードの2種類の方法があります。

左側の「確認」が小切手に当たるものになります。"Check"を「確認」と訳している辺りも愛嬌ということで・・・。

小切手での払い戻しは、あまり使用するメリットはないので解説は省きます。

 

デビッドカードの利用がお勧めです。

画像の右側の「デビッドカードの活用」から、まず概要を確認したうえで「リクエストカード」からカード発行を行います。

外洋の中でも特に「手数料」についてはきちんと理解しておかないと無駄な出費につながります。上記を参考にしていただければ分かるように、1枚目の発行に10ドルかかり、6ヶ月不使用の状態が続くと1ヶ月辺り5ドル600円程度が休眠手数料としてかかってしまいます。

ここまでを踏まえたうえでデビッドカードを申し込む場合には「リクエストカード」をクリックします。

まず、発行に10ドルかかることが記載されたページがでますのでチェックボックスにチェックを入れて「送信」をクリックします。

次に本人確認のための手続きがあります。

運転免許証かパスポートをスキャンしたものを「アップロード」して送ります。

2,3日以内とありますが、実際には1週間ほどで送られてきます。
(実際に私がデビッドカードを申請したときには、申し込みから2週間後くらいにメールでデビッドカードを送りましたと届き、実際に手元に届いたのは申請から15日後でした)

以下の2枚のカードが届きます。

左が実際にATMで利用するもの。右がその際の暗証番号に該当するPINという4桁の数字が記載されている(最初はPINの部分がスクラッチになっています)カードになります。

有効化

カードが届いたら、Activation(有効化)の手続きを行って初めて利用可能になります。

「できました!」とかいきなりでますけど、何も出来てません。。ここでデビッドカードのところに送られてきたカードの番号16桁を入力します。

入力して「有効化」をクリックすると以下の画面が表示され、そこにもあるとおり1営業日いないに有効になり、これで初めてデビッドカードとしての効果をなします。

*なお、Activationをする前にカードを使おうとすると、ATMでエラーになることがあるので注意してください。

使い方は、Click2Payの引き出し(Withdraw)のところでDEBIT CARDにまずはお金を移し、その後で郵便局のATMなどでデビットカードを使って引き出します。


ページTOPへ