ブックメーカー攻略:スポーツベットファン
 

Ladbrokes

Ladbrokesへの会員登録(無料)

William Hillと肩を並べて英国で人気のLadbrokesは、あのホテルなどで有名な ヒルトングループが管理しているという信頼のおけるブックメイカーです。
さすがにヒルトングループがついているだけあって企画力がすごいです。
タスマニア政府と共に「Big Bird Race」を主催し、海鳥保護に対して一般の人にもっと関心を持ってもらえるように、それを賭けレースに仕立てたという規模の大きい試みもある。
収益は海鳥保護活動の基金とされた。

マイナス面はサッカーなどの分け方が曖昧なため対戦カードのみで一体どこのリーグだかわからない・・・などあります。

それでは「Ladbrokes」の会員登録の手順を紹介します。

まずは、Ladbrokesのホームページへアクセスしてください。初めてサイトにアクセスする際には言語選択のページが表示されますので”English”を選択してください。以降アクセスすると以下のページが表示されるようになります。

まずは会員登録を行いますので画面上の”Open account”をクリックしてください。

Ladbrokes:会員登録

Ladbrokes:Open account

すると、以上のようなページが表示されます。

STEP1-5の手順で登録していく形になります。
*必ず半角英数で入力してください。
右に*があるものは必須項目です。

順番に説明していきます。


STEP1

Title=男性であれば「Mr.」、女性(既婚)であれば「Mrs.」、女性(未婚)であれば「Miss」を選択します。「Dr.」ドクター、「Prof.」プロフェッサーなどありますが・・・通常は最初に説明した3つから選ぶのが常識です。

First name=名前を入力します。
Last name=苗字を入力します。
Gender=性別を選択します「Male」は男性、「Female」が女性となります。
Date of Birth=誕生日を入力します。DD MM YYYYは日にち、月、西暦の順に選択します。
Email=メールアドレスを入力します。
*重要な情報などが送信されるアドレスになりますのでフリーメールでもかまいませんが、 通常利用しているメールアドレスが望ましいです。
Country of residence=住んでいる国を選んでください。

面右下のNEXTをクリックします

STEP2

Ladbrokes:住所入力

次に住所を入力する項目になりますが住所は正確に記入する必要がありますので例を挙げて説明します。

〒123−4567
東京都○区△1−2−3−100 ならば

House Number Name=1-2-3-100
Address Line1=Sankaku
Address Line2=Maru-ku
Address Line3=Tokyo
City= Maru-ku(市町村区)
Postcode=123-4567(郵便番号)


と入力します。

Telephone=電話番号を入力します。

の下の3つのチェックボックスは最初は年齢が18歳以上かを聞いています。
2つ目、3つ目で規約関連を受け入れるかという事を聞いています。

一通り目を通す必要はありますが非常に量が多いので、この部分はどのブックメイカーサイトも内容はほぼ同じになりますので重要と思われる部分を説明します。

「該当のブックメイカーサイトはAntigua*から発信されています。オンラインギャンブルに対しての見解は国や地域によって異なりますが、該当サイトに登録しギャンブルに参加する事によって、法律に違反していないという事を認めることになります。ネバダ州、ニュージャージー州、旧ソビエト諸国の、オンラインギャンブルが認められていない国や州、他のオンラインギャンブルが認められていない国や地域、そして18歳未満の方により得られた配当はチャリティーに寄付させていただきます。」

*Antiguaはオンラインギャンブル合法国です。
以上の規約を読みチェックボックスにチェックを入れてください。
次にオッズの表示の仕方を選択します。
FractionsとDecimalsがありますが、日本人になじみの深いDecimalsを選択しましょう。
記入した内容が確認できたら画面右下のNEXTをクリックします。

STEP3

ここではユーザネームやパスワードなどログインするために必要な項目を入力します。

Ladbrokes:ログイン情報入力

YOUR ACCOUNTの項目では以下を考えて入力します。

Chose your Account ID:使用したいアカウントIDを考えて入力します。6文字以上で数字とアルファベットが使用できます。

Choose your PIN/Password:パスワードを考えて入力します。6文字以上で数字とアルファベットが使用できます。買い物なので使う場合には数字のみを入れてくださいとありますが、特に気にすることはないでしょう。

Confirm your PIN/Password:再度パスワードを入力します。

 

SECURITY QUESTION

メールで問い合わせたり本人確認が必要になったときなどにラドブロークス側から聞かれる質問を選択し、とその答えを入力する必要があります。

例えば上記では"Mother's maiden name「母親の旧姓は?」という質問になりますので。

この質問の答え「旧姓」をローマ字で入力してください。*普段はほとんど使う必要は無いですが、実際の質問の際に分からなくならないようにメモしておくと良いでしょう。

入力が終わったら画面右下のNEXTをクリックしてください。

STEP4

ここは、登録した情報宛てに最新のニュースや関連商品情報などを送信しても良いかを決めます。

Ladbrokes:最新情報チェック

上の2つのチェックボックスでは1つ目はラドブロークスからの最新情報やイベント、商品情報などを送信しても良いかを、2つ目はラドブロークスを運営するヒルトングループ関連の情報や商品情報を送信しても良いかを聞いています。
必要ないならチェックを入れる必要はありません。

次に情報が欲しいとチェックをした場合、どのような形で情報を受け取るかを選択します。

最後にラドブロークスをどこで知ったかを聞いています。当てはまるものがあれば選んでください。
なければ下のOtherのところに記入します。

正直STEP4は英語に自信のない人はチェックしないでもいいくらいです。
色々チェックすると確実に商品紹介のメールがたくさん来る事が予想されます。
断りを入れるのもまた英語でしなければならないのですから、ここはきっぱりチェックしないというのも一つの方法です。

自己責任でチェックが済んだら画面右下のNEXTをクリックしてください。

STEP5

あと一息です。頑張りましょう。

最後にお金のやり取りをするための手段を選択します。

Ladbrokes:お金

いくつかの方法がありますが最初は以下のように選択してください。

Payment options: Credit/Debit Card(クレジットカードでのやり取りを選択します。)
Betting currency: Japanese Yen(サイト内でのお金の表示する通貨単位を日本円にします)
Card Number: クレジットカードの番号を続けて入力します。
Valid From: カードの使用開始時期を選択します。(ここは必須ではないはずですが入力しないとエラーがでます。逆にこの部分はいつを選択しても問題はありません)
Expiry Date: カードの有効期限(カード表面に記載)を選択します。
Your name:カード表面に表示されているとおりのあなたの名前を入力します。

次に、他のスポーツブックサイトにはない配慮である「Deposit Levels」、つまり入金制限を決めます。これはお金を使いすぎずにゲームを楽しむための配慮です。

Limit to: Chooseの部分で入金回数を選択します。
And a maximum of: Chooseの部分で金額を選択します。
Each: daily(1日)かweekly(1週間)かを選択します。

これを選択する事で1日/1週間に何回、いくらまで入金するかを決めることができます。

Amount to deposit now: に入金する金額(5ポンド以上、日本円では700円くらい)を入力したら画面右下のNEXTをクリックします。

下のような画面がでたら登録は完了です。
登録したメールアドレスにメールが届いているかチェックしましょう。

Ladbrokes:登録メール

TAKE ME TOでLadbrokes.comを選択してトップページに戻ります。
既にログイン状態になっているはずです。

画面左上の「Show account balance」をクリックすると別ウィンドウが表示され現在の口座残高が表示されます。

Ladbrokes:口座残高

これで会員登録の作業は完了です。
登録アドレスに以下のようなメールが送られて来ているか確認しましょう。

Ladbrokes:会員登録メール

これであなたもLadbrokesの住人となりました!!

次は実際に参加するために不可欠な入金の方法を説明します。
クレジットカードでの入金の方法は既に会員登録の際に説明しましたので別の手段として銀行口座からの入金の方法をご紹介します。