ブックメーカー攻略:スポーツベットファン
 



*マネーブッカーズ利用可能なgamebookers,bet365,PinnacleSportsそれぞれのMoneybookers有効活用マニュアルを作成しました。以下でマネーブッカーズの会員登録が済んだらこのマニュアルを参考に入出金を試してみてください。



マネーブッカーズ(Moneybookers)

ブックメーカー界で主流になってきたのがこのMoneybookers。
何が良いかといえば、一度マネーブッカーズで必要情報を登録してしまえば、後は各ブックメーカーでMoneybookersを選択して本人確認さえ行えば簡単に入金や払い戻しができることです。言ってしまえば実際の賭け方などは各ブックメーカーごとに異なるものの、お金のやり取りに関してはMoneybookersだけ理解していれば十分になります。認証は基本的にEメールアドレスになりますのでその点でも非常にシンプルで分かりやすくなります。

更にこれまでは銀行からのマネーブッカーズへの入金が海外口座(銀行へ出向いて手続きが必要)に限定されていましたが、日本の口座に振り込むことができるようになりました(指定の口座にATMやインターネットバンクから簡単に振り込み可能になったということです)。

日本のユーザのためのサービスに力を入れているとも受け取れることから、今後の日本ユーザ向けのサービスにも期待できるのがマネーブッカーズです。

*デビットカード導入は行われたようですが、ユーロ圏のみで日本のユーザは利用できないとのことです。

登録前にお読みください!

※ NETellerと違い、Moneybookersは日本語サポートが用意されていません。つまり、英語が読み書きできない人にはおすすめできないということになります。当サイトでは一通り利用できるように日本語訳とともに掲載していますが、Moneybookersのサポートとのやりとりの翻訳などの支援はしていません。

※Moneybookersはメールのサポートが遅かったり、返事がないこともあります。FAXで連絡すれば、返事が来る確率が高まります。国際電話でファックスを送ることができず、電話で英語の会話もできない場合、Moneybookersのサポートと一切連絡がつかない可能性があります。そのためファックスがなく、英語の電話もしたくないという方がMoneybookersを使うことはお勧めできません。⇒銀行での入金もでき、日本語で対応可能なNETellerをお勧めします。



マネーブッカーズの登録手順


まずは以下のアドレスからマネーブッカーズのサイトへ入ります。
http://www.moneybookers.com/

※上のリンクからページを開きながら、説明をみて入力すると、スムーズに登録できるようにしてあります。ツールバーにカーソルをあて、右クリックして「上下に並べて表示」もしくは「左右に並べて表示」を選択するとスムーズに操作ができます。

画面左上のRegisterか画面下のSign up nowをクリックします。



以下のような登録画面が表示されます。
以下を参考に入力していきます。

"Email(メールアドレス)"・・・メールアドレスを2回入力します。

"Password(パスワード)"・・・2回入力します。*6文字以上8文字以下でアルファベット以外の文字が最低1文字必要 ex)bukume12

"Personal Account"・・・個人で登録する場合にはこちらを選択します。会社で登録する場合には"Company Account"を選択します。

"Country of residence"・・・居住地を選択します。例:Japan

"Currency"・・・通貨を選択します。居住地を選択すると自動的にその国の通貨が選択されます。

"Preferred language"・・・使用言語を選択します。*日本語は今のところありません

⇒上記を入力したら"Next"をクリックします。



しばらくすると、下のメールが届きます。 メールに記載された"Verification code"を上記に入力して"Verify"をクリックします。




以下を参考に入力していきます。

"Title(敬称)"・・・男性ならMr. 既婚女性ならMrs. 未婚、既婚に限らず女性ならMsを選択します。

"First Name(名前)" "Last Name(苗字)"を入力します・・・クレジットカード利用の際にはここでの名前と一致させる必要がでてくることがあるため、本名を入力してください。

"Street adress(No PO Box)"・・・「×県 △市 ○ 2770-6」という住所を想定した場合は
"2770-6 Maru Sankaku-shi Batu-ken"と入力します。

"Postal Codes(郵便番号)"・・・この欄はハイフン(-)が使えないので数字のみの羅列で入力してください。123-4567の場合には"1234567"と入力する必要があります。

"City/Town"・・・市町村区を入力します。

"Phone Number(電話番号)"・・・居住地を選択すれば自動的に国番号は入ります。日本の場合には+81と入ります。続いて電話番号の最初の0を除いて入力します。この欄もハイフン(-)が使えません。0123-45-6789の場合には"+81 123456789"と入力する必要があります。

"Date of Birth"・・・日にち(day)/月(month)/西暦(year)の順番になります。

⇒上記を入力したら"Next"をクリックします。


確認画面が表示をされます。下部の2箇所のチェックボックスにチェックを入れます。
"Please keep me..."⇒Moneybookersからのお知らせメールの受け取りの可否(選択可能)
"I signify my full..."⇒規約に同意するかの確認(チェック必須)

"Turing number"・・・左に表示されている番号を入力します。

⇒"Confirm registration"をクリックします。



上記の画面が出てくれば登録完了、既にログインされています。"OK"をクリックすると以下画面に移ります。


入金画面に入ります。あとはプロフィール登録で詳細とうろくを行っていきます。入金については以下のプロフィール登録、追加で解説しています。




プロフィール(クレジットカードや銀行情報)登録、追加の手順

登録が済んだらプロフィールの登録を行います。
ログイン状態でAccount⇒profileへと進みます。


・メールアドレス(List of e-mail addresses)
・銀行情報(List of bank accounts)
・クレジットカード情報(List of credit cards)

の登録、削除を行います。この3項目の登録が非常に重要になります。



メールアドレスの登録
マネーブッカーズで重要なのがEメールアドレス。このアドレスが一致していることでブックメーカーとのやり取りが行えるため複数メールアドレスを持っている場合は先にここで登録しておいた方が良いでしょう。

“List of e-mail addresses”の“Add/Remove”をクリックし以下のページに入ります。

追加するアドレスを記入して”Add”をクリックします。以下のページが表示されれば仮登録は終了になります。


照合(verify)を行わないと実際には有効になったとは言えませんので、この段階で”verify”をクリックします。


上記ページが表示されたら”Send me a verification code!”をクリックすると以下の画面が表示され、暫くするとメールが届きその中に記載された”verification code”を確認し、”back”から上記ページに戻り入力します。




以下のページの登録アドレスの右の表示が”verified”になり照合済みであることが確認できます。マネーブッカーズでメインのアドレスとして利用する場合には”primary”を選択します。





銀行情報の登録
銀行情報の登録は払い戻しの際に必要になります。ここでしっかり登録しておけば日本の自分の口座への払い戻しがスムーズになります。

“List of bank accounts”の“Manage”より以下のページに入ります。



画面右下の”Add”をクリックします。

Step1ではCountryで国を選択し、銀行コード(SWIFT)を入力し”Next”をクリックします。
SWIFTコードは銀行に問い合わせれば教えてもらえますが、めんどうなので主要銀行のものを調べておきました。

三井住友銀行 SMBCJPJT
東京三菱銀行 BOTKJPJT
みずほ銀行 MHBKJPJT
UFJ銀行 SANWJPJT
新生銀行 LTCBJPJT
シティバンク CITIJPJT


正しいSWIFTコードを入力するとSTEP2で既に銀行名が表示されていますので後は、Account nuマネーブッカーズerに口座番号を入力して”Next”をクリックします。*口座番号には支店番号を入れる必要はありません。

上記画面が表示されれば銀行情報の登録は完了です。



クレジットカード情報の登録*以前と手続きが変わっていますのでご注意ください!
入金、払い戻しに使うクレジットカードは全て登録しておくと便利ですが、クレジットカードはセキュリティの関係で少々面倒な手続きが必要になります。

“List of credit cards”の“Manage”より以下のページに入ります。


*現在はremoveがなくなっており、クレジットカードの期限が切れるまで新しいカードは登録できません。合計で3つまでしか登録できず、3つ入ると後は期限が切れるのを待つしかありません。

注意:MASTER CARDは入金はできるもののオンラインギャンブルで使えなくなっています。ブックメーカーで利用する方はVISAを登録しないと意味がありません(しかも、間違って登録するとカード期限が切れるまで使えない・・。)



新たに加える場合はAddをクリックします。

First name :名前部分は変更できるのですが、Important Notesには所有者以外利用できないとあります。・・・家族の場合の措置?なのかは不明ですが基本的には自分の名前で自分のクレジットカードを使う!これで問題ありません。
Card Type :VISA、MASTERなど選択*Imporant Notesの内容は、Visaで入金した場合にはアダルトサイトには使えないので銀行入金にする必要があるという内容です。
Card number :カードの番号を16桁続けて入力
Expiry date :カードの有効期限を入力
CVV2/CVC2: :カードの裏面のサイン欄にある数字の右側3桁を入力以下を参照


"I hre with declare..."にチェックを入れて"Add"をクリックします。これで登録自体は完了しますが、実際に利用するには以下の作業が必要になりますので必ず行ってください。


以下の画面が表示されます。

ここからが大きな違いになります。以前はFAXかメールで書類を添付する方法でしたが以下に変更されています。

【本人確認】
Moneybookersではverity(認証)を行うまでは登録したクレジットカードを利用する事ができません。認証完了までの流れを以下に掲載します。

Profile⇒List of credit/debit cards: のManageボタンを押します。

該当するクレジットカードのverifyをクリックします。

CVV2/CVC2にクレジットカードの裏の右側の3桁を入力

"I herewith declare that I am the owner of the above entered credit/debit card and authorise Moneybookers Ltd. to debit a random amount between EUR 1.01 - 2.99 from this card. "
の左のチェックボックスにチェックを入れてNextをクリック

英文を訳すと「1.01-2.99ユーロの間のランダムな金額を引き出すことに同意します。」

*通貨単位は登録時の通貨単位に依存します。

この後、クレジットカードの請求書や通知でいくら請求したかを正確に確認する必要があります。

上記の作業の後、
Profile⇒List of credit/debit cards: のManageボタンを押すとverification amountという欄が出てきますので、そこに確認した請求額を正確に3桁で入力することでクレジットカードの登録は完了です。
*請求額は返金されませんがアカウントに反映されます。

請求金額を確認しないといけないため、verifyが完了するまでに時間はかかるものの作業としては以前よりもかなり楽になっています。

キャプチャなどまだ取れていないものがありますので、用意出来次第掲載していきたいと思います。

ここまでで確認されている注意点
・利用できないカードの場合にはverify画面でNextを押した際にはdeposit failureと表示される
・CVV2/CVC2で誤った数字を入力すると24時間認証ができなくなる(おそらく認証完了後の入金時にも同じことが起こると思われます。)
・クレジットカードの登録は3つまでで3つ登録すると登録したカードの期限が切れるまでは新しいカードが登録できない


【マネーブッカーズからの入金】

A.クレジットカードからの入金*手数料が3.00%⇒2.50%に変更になっています。
クレジットカードから入金する場合は上記の本人確認が完了した状態でないとできないので必ず本人確認を行ってください。
ログインした状態で画面上の”upload funds”をクリックし”Choose a payment method”で”Credit Card”にチェックを入れます。

注意:MASTER CARDは入金はできるもののオンラインギャンブルで使えなくなっています。ブックメーカーで利用する方はVISAを登録しないと意味がありません(しかも、間違って登録するとカード期限が切れるまで使えない・・。)

認証が行われている場合はクレジットカード番号の下に入力スペースがでてきますのでCVV2/CVC2のところに、カード裏面にあるサイン欄の右端にある3桁の番号を入力します。
そしてAmount to upload(入金金額)のところに入金する金額を入力します。最小入金額(min)と最高入金額(max)はその時によって変わりますので注意しましょう。*定かではありませんが限度額は信用度によって引き上げられるようなので銀行口座への出金などをすることで上がるようです。



B.銀行からの入金
*日本の銀行への振込みが復活しました!利用不可のクレジットカードが増えるなかすばらしいことです。これでブックメーカーがまた身近になりますね。


銀行からの入金の場合は"upload funds"をクリックし"Choose a payment method"で"Bank transfer"をチェックします。

続いてAmount to uploadに入金額を入力してNextをクリック

 

 



以下が振込先口座になります。

-------------------------------------------------------------------
受取人(Beneficiary):Bibit Payments K.K. ⇒K.K.は省略しても可

銀行名(Bank):三井住友銀行

銀行コード(Bank Code):0009

支店名(Branch):東京第一支店

支店番号(Branch Code):931

口座の種類(Account Type):普通

口座番号(Account number):ここは毎回変わりますので確認して間違えのないように!

入金額(Amount):この金額を正確に振り込む必要があります。1円の違いでもMoneybookers側で確認できない状態になってします。注意しましょう!!

-------------------------------------------------------------------
*振込み名義がMoneybookers登録名と一致しない場合には入金は成立せず、キャンセル扱いになり振込み元に戻されます。その際の手数料は振り込みした人にかかります。

*"My Account"⇒"profile"の名前の下にある"Customer ID"を振り込み名義に一緒に入れると確認がされ易くなります。

例)Taro Bukume ブクメタロウ 123456

最後に必ずComfirmをクリックしてください。この操作を行わないとMoneybookers側で確認ができません。
*特に順序はありませんがComfirmをクリックして振り込むくらいでちょうどいいと思います。


**********************************************************************************

【マネーブッカーズからの払い戻し

払い戻しは小切手か銀行口座への電信送金で受け取ります。
まずマネーブッカーズにログインし、”My account”⇒”withdraw”をクリックします。

“Bank”(銀行への払い戻し)か “Cheque”(小切手)を選択します。

Amount to be withdrawn(引き出し金額)に数字を入力します。Fee(手数料)を差し引かれた後の最高引出し可能額が表示されているのでその範囲内の数字を入力してください。

入力が完了したらNEXTをクリックし内容を確認してwithdrawをクリックします。
その後セキュリティ確認のための画面で誕生日などを聞かれるので質問に対する答えを入力してNextをクリックすれば完了です。
銀行への払い戻しには1週間程度かかります。小切手の場合は1〜2週間で届きます。

マネーブッカーズでは銀行への払い戻し(Bank transfer)を推奨しています。手続きの面でも受け取りまでが小切手と比べて断然スムーズです。



銀行への払い戻しの場合の手数料について
手数料は画面上に表示されている”Fee”以外にも海外送金のために各銀行で別途かかってきます。通常は月ごとに最初は5000円ほどかかり、それ以降は2000円程度かかるものですが、銀行により前後しますので大体5000円くらいはかかる可能性があると思ってください。一見大きな金額ですが、複数のブックメーカーから集めてまとめて払い戻すことを考えると、それほど大きくは無いはずです。また、銀行情報を複数登録している方は”primary”に設定していない方の銀行に払い戻す場合で350ユーロ以上の場合に手数料が高くかかるので注意しましょう(”profile”より口座を”primary”に変えればOK)。

*入金で日本の口座が可能になったことを考えると、決済会社のビービットが間に入り手数料がかなり安くなることも考えられます。


スポーツブックからマネーブッカーズへの入金、マネーブッカーズからスポーツブックへの入金
マネーブッカーズへの登録が済んでいれば利用するスポーツブックサイトとの入金、出金のやり取りは簡単です。
各スポーツブックのサイトの入金、払い戻しの際に選択項目からMoneybookersを選択し、手順に従って簡単な入力を行うだけです。
最初にも書きましたが、マネーブッカーズはEメールアドレスで判別することがメインになっています。各ブックメーカーに登録したEメールアドレスと一致している必要がありますので、マネーブッカーズに登録したものと違う場合には追加でEメールアドレスを登録する必要があります。

参加するブックメーカーが増えてもマネーブッカーズを使えれば入出金の部分での心配がほとんどなくなります。

   Ladbrokes Generic